• 現場社員

なぜ生産性を把握する必要があるのか


生産性とは何でしょうか? 生産性とは、生産力でありこの度合いのことをいっています。

働き方改革が叫ばれる近年「生産性をあげよう」という言葉をよく耳にしますが、これは「少ない力で 多くの成果を生み出す」ということを意味しています。この少ない力で多くの成果を生み出すことがコ スト削減に繋がり、更には利益向上に繋がっていく のです。そのためにも生産性を把握する必要が出てきます。


生産性を確りと理解し把握することは、より少ない 力で高い成果を生み出していくために重要となって きます。大きな括りでの生産性(クライアント様やセンターごと)、小さな括り(グループや個人)での生産性を把握することで、コスト意識が高まり結 果に繋げることができるようになります。


現状を確りと把握し、指標となる競合他社やライバ ル社員と比較した上で目標を設定することで、日々の行動計画も明確になってくるはずです。 確りと生産性を把握する為にも、小さな括りから計 算してみては如何でしょうか?



~ 最も簡単な算出方法 ~ 生産性=成果物産出量(結果)/投入(労力※1)

※1・・・労力とは『労働者数』若しくは『労働者数×労働 時間』

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

5S