• 現場社員

ベトナムと日本の物流のちがい(ベトナムスタッフ記述)

更新日:3月22日



私は去年物流の仕事をスタートしました。現在の仕事はベト ナムに比べて、違う点があります。 日本の物流センターは仕分け作業、入荷、出荷、在庫管理な どに、WMS(倉庫管理システム)のコンピュータシステムを 完備した倉庫です。


ベトナムの伝統的なスタイルで設計されている倉庫関連の仕 事を少ししたことがあります。商品が会計ソフトウェアによっ て完全に管理されます。あるブランドをベトナム国内の独占流 通会社として、輸入、輸出、商品のチェック作業は非常に厳し く行われます。欠品は絶対にだめです。


そのために、店舗で毎 日商品を棚卸して、販売代理店に対しては3ヶ月に1回棚卸を しています。12月末、他の国の管理者がすべての商品を再 チェックする責任があります。ベトナムでは管理コストがかな り高いです。 ベトナムに比べて、日本は領土全体で計画的な物流システム を持っています。倉庫は主要な港の近くに建設され、スムーズ な輸送システムが備わっています。倉庫システムは冷蔵、温か い貯蔵、食品、医薬品保存サービスなど、さまざまな機能を提 供しています。


ベトナムの物流サービスは今後さらに発展の可能性がありま す。物流の業務の範囲はかなり広いものになっていますが国際 輸送(貨物購入)、貨物配送、マルチメソッドトランスポート、 倉庫, 港、パッケージを実装する企業、3PLを中心とした物流 活動をします。 ベトナムの輸出品は海上輸送で出荷されますが外国のキャリ アによって行われる。国内のキャリアが、外国のキャリアと競争することは困難です。送料が高いことが理由です。 道路で輸送される国内品ですが物流センターが不足しているた め、コストがまだ高いと思います。


特別に農業の輸送コストは、海上で輸送のコストよりも2倍高いです。冷蔵庫の運送会社がないから、輸送中に商品価値がなくなります。そのため、ベト ナムでも場所によって、小売価格は大きく異なります。

114回の閲覧0件のコメント